闘う男!プロボクシングは面白い

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重樫東、スーパーフライ級王者佐藤に挑戦

<<   作成日時 : 2012/08/22 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 前WBA世界ミニマム級王者の八重樫東(大橋)が日本人初の「3階級飛び級」で世界再挑戦します。21日、横浜市内のジムで、井岡一翔(井岡)との王座統一戦に敗れて以来、初めて本格的な練習を再開しました。世界再挑戦の相手としては、同じ岩手県出身で、3階級上のWBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太(協栄)が浮上。今年大みそかにも2人の故郷の岩手県で東北復興を期した「みちのく対決」が見られそうです。

画像


 会見後の雑談からサプライズは生まれました。八重樫の師匠の大橋会長が報道陣に「八重樫と佐藤の岩手対決もあるな」とつぶやいきました。同じ岩手出身で、八重樫が佐藤の1歳上。家族ぐるみで付き合いのある2人の関係を心配する報道陣を察した大橋会長は八重樫に「佐藤と戦えるか」と声を掛けた。すると八重樫は「むしろ願ったりかなったりです」と挑戦を直訴した。

 ミニマム級(47.6Kg以下)の八重樫ですが、普段の体重は55〜56Kg。世界再挑戦のプランとしてミニマム級からスーパーフライ級(52.1Kg)を視野に入れていた。過去に3階級の飛び級の例はないが「全然問題ない。減量は楽になるし、もっとしっかりと体もつくれる」と自信を口にしました。

 八重樫の挑戦希望を伝え聞いた佐藤は最初戸惑いを隠さなかったが「自分は“やれ”と言われた相手とは誰とでもやるんで。それは八重樫さんでも関係ない」と受け入れました。佐藤の師匠の金平会長も「検討に値する話。真剣に考えたい」。2人の前戦の中継局がともにTBSだったこともあり、とんとん拍子に岩手対決は実現に向け動きだしました。

 同じ岩手県出身の2人は高校時代から親交があり、八重樫は3月の佐藤の世界初挑戦前、計54ラウンドも仮想王者としてスパーリングに協力。佐藤が世界王座奪取に成功すると、家族同士で遊園地に行き、夜は横浜中華街で勝利を祝いました。ともに2人の子供を抱えた岩手同士の結束は強かったが、そこはプロボクサー。八重樫は「お互いに家族がいるけど、サバイバル。チャンスがあれば貪欲にいくだけです」と言い切りました。

 両者の話し合いが順調に進めば、大みそかに、2人の地元の岩手県で、東北復興を期した世界戦が有力になります。八重樫は6月20日の井岡との世界団体王座統一戦に敗れたものの、両目を腫らした激闘ぶりは、ファンの共感を呼んだ。負けて男を上げた形だったが「本来なら負けて終わりのはずだったが、首の皮1枚つながった。もう負けられない」と、早くも岩手の後輩に挑む覚悟を固めました。


 今朝スポーツ新聞見て驚きました。確かに八重樫はボクシングが上手い選手。ですが、ミニマム級からスーパーフライ級ではフレームが違うのではないか?と思います。身長差も約10cm違うし。TBSで放送されると思うので、大晦日が楽しみです。盛り上がると思うのですが・・・八重樫勝算あるから挑むのでしょうけど・・・うーん大丈夫かな?



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 店舗
八重樫東、スーパーフライ級王者佐藤に挑戦 闘う男!プロボクシングは面白い/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 店舗
2013/07/03 17:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八重樫東、スーパーフライ級王者佐藤に挑戦 闘う男!プロボクシングは面白い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる